2019年10月1日から自動車の税が大きく変更に。

公開日:2019年10月29日(火曜日)

自動車の税が大きく変わります

令和元年度税制改正により、毎年4月1日に自動車をお持ちの方に課税される自動車税や自動車の購入時に課税される自動車取得税について、2019年10月1日から新制度が適用されます。(総務省)

2019年10月1日から自動車の税が大きく変更に。

自動車税(種別割)の税率引下げ

2019年10月1日以降に初回新規登録を受けた自家用の乗用車(登録車)から自動車税(種別割)の税率が引き下げられます。なお、軽自動車税(種別割)の税率は変更されません。

※2019年10月1日以降、自動車の排気量等に応じて毎年かかる自動車税は「自動車税(種別割)」に、軽自動車税は「軽自動車税(種別割)」に名称が変更されます。

2019年10月1日以降に初回新規登録を受けた自家用の乗用車(登録車)の自動車税(種別割)の税率表
排気量 引下げ前の税率 引下げ後の税率 (引下げ額)
1,000cc以下

(クロスビー、トール ルーミーなど)

29,500円 25,000円(▲4,500円)
1,000cc超1,500cc以下

(ソリオ、アクア、プリウスなど)

34,500円 30,500円(▲4,000円)
1,500cc超2,000cc以下

(ヴォクシー、ステップワゴン、セレナなど)

39,500円 36,000円(▲3,500円)
2,000cc超2,500cc以下

アルファード、ヴェルファイヤ、エルグランドなど)

45,000円 43,500円(▲1,500円)
2,500cc超3,000cc以下

(プラド、ハイエースなど)

51,000円 50,000円(▲1,000円)
3,000cc超3,500cc以下

アルファード、ヴェルファイヤ、エルグランドなど)

58,000円 57,000円(▲1,000円)
3,500cc超4,000cc以下 66,500円 65,500円(▲1,000円)
4,000cc超4,500cc以下 76,500円 75,500円(▲1,000円)
4,500cc超6,000cc以下 88,000円 87,000円(▲1,000円)
6,000cc超 111,000円 110,000円(▲1,000円)

自動車取得税の廃止と環境性能割の導入

2019年10月1日以降、自動車取得税が廃止され、環境性能割が導入されます。

  • ※ 環境性能割の税率は、自動車の燃費性能等に応じて、自家用の登録車は0~3%、営業用の登録車と軽自動車は0~2%になります。
  • ※ 環境性能割については、新車・中古車を問わず対象です。
環境性能割の税率(乗用車の例)
燃費性能等 税率
自家用 営業用
登録車 軽自動車
電気自動車等 非課税 非課税 非課税
★★★★かつ2020年度燃費基準+20%達成車
★★★★かつ2020年度燃費基準+10%達成車 1.0%
★★★★かつ2020年度燃費基準達成車 2.0% 1.0% 0.5%
★★★★かつ2015年度燃費基準+10%達成車 3.0% 2.0% 1.0%
上記以外 2.0%

環境性能割の臨時的軽減

2019年10月1日から2020年9月30日までの間に自家用の乗用車(登録車・軽自動車)を購入する場合、環境性能割の税率1%分が軽減されます。

その他

上記のほか、エコカー減税(2019年4~9月)、グリーン化特例(2021年4月~)の特例措置の見直しがあります。

詳細

総務省「地方税制度 > 2019年10月1日、自動車の税が大きく変わります

対応車種などお車のことなら当店までお問い合わせください。


※2019年10月1日以前の公開記事については消費税が8%で表記されている場合がございます。

神崎郡、加西市、姫路市、西脇市、朝来市、多可郡、宍粟市で新車、中古車、カーリースのことならマツモト自動車へ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です